障がい者のための実践的就職活動法

「障がい者として働く立場」と「障がい者を雇用する立場」の両方の経験を持つ現役会社員が就活のノウハウを公開

働きたいと強く思っているか

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 私は就労を目指す障がい者の方にお会いする機会が多くありますが、就労できるかどうかは働きたいという気持ちをどれだけ持っているかにかかっていると感じています。 そんなことは当たり前だろうと思う人もい…

もしもの時の雇用保険

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 これから就職活動をする方に失業の話をするのは、おかしな感じがすると思いますが、やはり障がい者が退職後にどうなるかは知っておく必要があります。 雇用保険とは、労働者が失業したときに、つまり会社を辞…

障がい者手帳のコピーは提出しなければならないのか?

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者採用の場合、履歴書・職務経歴書・障がい者手帳のコピーの3点を応募書類として提出します。しかし、一般採用の場合は、履歴書と職務経歴書となります。それは、障がい者が応募してくるのを想定してい…

一般採用での障がいの伝え方

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 健常者と同じ新卒採用・中途採用に応募をする場合、障がいをどのように伝えるかという問題があります。 一般採用の場合、集団面接やグループディスカッションなど他の応募者と選考が一緒になることがあります…

一般採用で就活する

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者の就職活動の方法は大きく2つに分かれます。それは障がい者採用と一般採用です。一般採用とは、健常者と同じ新卒採用・中途採用に応募することです。初めてこのような話を聞く方は「障がい者が応募し…

なぜその会社に入りたいのかが重要

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 面接で必ず聞かれることの1つに志望動機があります。志望動機を考える時注意しなければならないのは、「どんな仕事をしたいか」だけではなく「なぜその会社で働きたいのか」を明確にすることです。この部分が…

働くことで得られるものは

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 「自分は障がい者なのだ」。そう強く感じたのは働こうとしたときでした。 私は重度の脳性麻痺という障がいを持って生まれましたが、4年間の入院で歩けるようになりました。その後は普通学級で生活を送り障がい…

収入と支出について総合的に考える

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者の給料はとても幅があります。たとえば、パートなど時給で働く場合、最低時給があります。しかし、障がいにより著しく労働能力の低い場合は、都道府県労働局長の許可を受けることを条件として個別に最…

合理的配慮をお願いして無理と言われたら

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 改正障害者雇用促進法の施行により合理的配慮の提供が義務化されました。ただ、すべてに配慮をしなければならないかというと、そうではありません。実は合理的配慮は、過度な負担にならない範囲で事業主に講じ…

47万人の障がい者が働いている

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 私が大学4年時、初めて就職活動をしたとき、不安で仕方がありませんでした。当時、障がい者採用と一般採用というのを知らないで、一般採用で就職活動をしていました。 友人たちはどんどん選考が進んでいくのに…

印象に残る履歴書の書き方

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 就職活動ではまず応募書類を提出することになります。障がい者の場合は履歴書・職務経歴書(職歴がある方)・障がい者手帳のコピーの3点を提出します。 そもそもなぜこれを必要なのでしょうか。それは応募者の…

面接で障がいのことをどう伝えるか

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者の就職活動において障がいのことは必ず聞かれます。採用担当者は、あなたのことを正しく理解したい、入社となった場合安心して働いてほしい、と考えているからです。 障がい者手帳のコピーを送れば理…

面接官も不安がいっぱい

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 応募書類を送り面接を受けていると、自分は選んでもらう立場だと感じ、受かるだろうかと、とても緊張してしまう方もいるかと思います。相手は採用のプロだと考えてしまいがちですが、実はそうでもありません。…

障がい者の平均勤続年数は?

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者はどのくらい勤めたのち退職をしているのでしょうか。また、どのような理由で退職をしているのでしょうか。このような障がい者の雇用に関する様々な情報がまとめられたものがあります。それは、厚生労…

強みは自分ではわからない

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 組織で働く一番の魅力は、ひとりひとりが持つ弱みをないものにできることです。例えば個人でビジネスが行っている場合、商品作成・営業・経理など全ての業務を自分で行わなければなりません。苦手な業務があっ…

6万人の障がい者が登録する就職サイト

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者の求人情報を得られるのはハローワークだけではありません。その他にはどのような方法があるのでしょうか。それは就職・転職サイトです。 障がいのない方を対象とした新卒採用・中途採用ではリクナビ…

障がい者採用で応募するならハローワークに行こう

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者採用で応募をする場合、まず行わなければならないのは求人情報を得ることです。障がい者の募集をしていなければ応募のしようがありません。ではどうすれば情報を得られるのでしょうか。 まず行ってい…

障がい者の就活法は2つある

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者の就職活動の方法は大きく2つに分かれます。まずはそれを知りどちらで就活をするか考えましょう。その2つとは、障がい者採用と一般採用です。 障がい者採用とは、障がい者のみを対象とした求人に応募…

障がい者の働き方

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 働くというと企業に勤めることをイメージする方が多いかと思いますが、障がい者の働き方はそれだけではありません。現在の日本では、一般就労と福祉的就労の2つに大きく分かれています。それぞれについてみて…

働くことは生きる喜び

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 私は就労を目指す障がい者の方とお会いする機会が多くありますが、はじめに「働く理由」をお尋ねします。一般的には「収入を得るため」と考える方が多いと思いますが、実はそれだけではありません。ある方はこ…

今企業は障がい者の採用に積極的になっている

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 ここ数年、障がい者の雇用環境が良くなってきています。採用に積極的な企業が増えてきています。それにはいくつかの理由があります。 まず1つは、2016年4月1日施行の改正障害者雇用促進法により差別の禁止・合…

障害者雇用納付金制度を知る

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 企業には2%以上の障がい者を雇用する義務がありますが、この法定雇用率を達成している企業の割合は直近で48%と実は半分にも達していません。では、法定雇用率が未達の場合、どのようになるのでしょうか。 達…

障がい者手帳の等級には意味がある

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 障がい者が就職活動をする上で障がい者手帳の等級は大きな意味を持ちます。障がい者採用で応募をする場合は「障がい者手帳のコピーを提出してください」と言われますので、しっかり理解しておきましょう。 企…

障がい者の就職は難しいのか?

『障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。 就労を目指す障がい者の方とお会いすると「障がいがあるから就職は難しい」という話を聞くことがあります。「障がいがない方と比べるとできることは少なく迷惑をかけることもある」。このように考え半ば諦めか…