障がい者のための実践的就職活動法

「障がい者として働く立場」と「障がい者を雇用する立場」の両方の経験を持つ現役会社員が就活のノウハウを公開

障がい者の就活法は2つある

 

障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。

 

障がい者の就職活動の方法は大きく2つに分かれます。まずはそれを知りどちらで就活をするか考えましょう。その2つとは、障がい者採用と一般採用です。

 

障がい者採用とは、障がい者のみを対象とした求人に応募をする方法です。障がいをお持ちの方は、選考時に様々な配慮が必要になったりします。そこで、健常者とは別に採用活動を行っている企業が多くあります。

 

障がい者採用の場合、当然障がい者が応募をしてくることを前提としていますので、障がいのことを話しやすい、相談しやすい、という安心感があります。また、企業の方も障がい者ができる仕事を考え求人を出しているので、ミスマッチも少ない傾向にあります。

 

一方、デメリットとしては、障がい者にあった仕事となるため職種が限られてしまう可能性があります。やりたい仕事がすでに決まっていて障がい者採用の求人では見つからないという場合は、一般採用を考えてみるとよいでしょう。

 

一般採用とは、健常者と同じ新卒採用・中途採用に応募をする方法です。何よりのメリットは、職種や待遇で制限を受けないことです。もちろん仕事の成果に対し障がいを理由とすることはできませんが、自分の可能性にチャレンジしてみたい方にはお勧めです。

 

一般採用の場合は、企業によって対応がまちまちです。障がい者が応募してくることを想定していない企業もあります。2016年4月施行の改正障害者雇用促進法により差別の禁止・合理的配慮の提供が義務化されましたが、十分な対応をしてもらえないこともあります。残念なことではありますが、これは応募をしてみなければ分かりません。自分も企業を選ぶ立場であるということを忘れず、「この会社に入社して安心して働けるか」というのをチェックしていきましょう。

 

就職活動の方法はこのように分かれますが、障がい者採用でも待遇などは健常者と同じ企業もありますし、一般採用でも障がい者から応募があれば個別の対応を行うという企業も多くあります。興味のある企業が見つかったらまずは問い合わせをしてみると良いです。

 

■今までなかった障がい者のための就活本!

障がい者の就活ガイド/左右社

Amazon.co.jp