障がい者のための実践的就職活動法

「障がい者として働く立場」と「障がい者を雇用する立場」の両方の経験を持つ現役会社員が就活のノウハウを公開

47万人の障がい者が働いている

障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。

 

私が大学4年時、初めて就職活動をしたとき、不安で仕方がありませんでした。当時、障がい者採用と一般採用というのを知らないで、一般採用で就職活動をしていました。

 

友人たちはどんどん選考が進んでいくのに、私は一次面接すら通過しませんでした。ある会社の面接では「うちは障がい者は雇わないから」とにべもなく断られました(当時は障がい者に対する差別がまだまだありました)。

 

障がい者が働くのは難しいのではないか、障がい者で働いている人はいないのではないか、と不安になりました。しかし、現在民間企業で働いている障がい者は474,374人もいます。対前年で4.7%増加、この雇用者数は13年連続で過去最高を更新しています。

 

私がなぜ不安に感じていたかというと、周りに同じ境遇の人がいなかったからです。同じ境遇の人がたくさんいることを知ると、自分もできるかもしれない、と思えてくるものです。まずは障がいをもって働いている人に会うことが、自分も就職できるんだと思える第一ステップです。

 

では、どうすれば働いている障がい者の人に会えるかというと、学校の先生、家族、友人に紹介してもらえないか聞いてみるのが一番だと思います。もし、それでも会えなければ、たとえば働いてみたい企業に「障がい者の先輩社員にお会いできませんか?」と聞いてみるといいでしょう。

 

新卒採用であればOB訪問、OG訪問を受け入れている企業もけっこうあります。中途採用でもきちんと誠意をもってお願いすれば、対応してもらえる企業もあると思います。

 

どんなふうに就職活動をしたのか、働いていて悩んだり苦しんだりしたこと、どういうことに気をつければ良い就職活動ができるのか、などを聞いて不安を和らげるのは、良い就職活動に繫がると思います。最近は障がい者向けのインターンシップを行っている企業もあり、調べて、実際に働いている人に会ってみるのもいいでしょう。

 

まずは会うこと。そこからやるべきことが見えてくるものです。

 

■今までなかった障がい者のための就活本!

障がい者の就活ガイド/左右社

Amazon.co.jp

■講演依頼はこちらから

https://www.sbrain.co.jp/keyperson/K-6226.htm