障がい者のための実践的就職活動法

「障がい者として働く立場」と「障がい者を雇用する立場」の両方の経験を持つ現役会社員が就活のノウハウを公開

一般採用で就活する

障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。

 

障がい者の就職活動の方法は大きく2つに分かれます。それは障がい者採用と一般採用です。一般採用とは、健常者と同じ新卒採用・中途採用に応募することです。初めてこのような話を聞く方は「障がい者が応募して良いのか」と感じるかもしれませんが、一般採用で入社をして活躍している障がい者は多くいます。

 

一般採用の魅力は、職種や待遇で制限を受けないことです。私が障がい者採用で就職活動をした時、募集職種はサポート業務・補助業務というのがほとんどでした。私は障がいがあっても責任をもって仕事をしたいと思っていましたので、「配慮=補助業務」というのに強い違和感がありました。しかし、一般採用ではそのようなことはありません。

 

企業が人を採用するのは、会社の発展に貢献してもらいたいからです。これは障がいがあってもなくても同じです。たとえ配慮に時間や費用が掛かったとしても、それ以上の成果を上げてくれるのであれば企業は喜んで採用します。わかりやすい例でいうと、社会保険労務士システムエンジニアなど専門的な知識を持っている方は、引っ張りだこです。もちろん、一般採用で入社をした場合は成果に対して障がいを理由にすることはできませんが、自分の可能性にチャレンジしてみたい方にはお勧めです。

 

特に、2016年4月に改正障害者雇用促進法が施行され差別の禁止・合理的配慮の提供が義務化されたこともあり、一般採用で応募するのは今がチャンスと言えます。

 

一般採用で応募する時、注意することがいくつかあります。まず、必要な配慮は早めにお願いしておいた方がよいです。障がい者が応募してくることを想定していない企業や対応に慣れていない企業も多くあります。せっかく応募をしても十分に力を出し切れないのは、非常にもったいないです。

 

また、残念ながら理不尽な対応をされることもあります。そのような企業に出会った場合は、「入社前にわかってよかった」と考え次に進みましょう。こればかりは応募をしてみなければわかりません。不採用の数は多くなりますが、諦めず続けていれば自分と会う会社が見つかるはずです。

 

■今までなかった障がい者のための就活本!

障がい者の就活ガイド/左右社

Amazon.co.jp

■紺野大輝オフィシャルWebサイト

http://konnotaiki.net/