障がい者のための実践的就職活動法

「障がい者として働く立場」と「障がい者を雇用する立場」の両方の経験を持つ現役会社員が就活のノウハウを公開

障がい者手帳のコピーは提出しなければならないのか?

障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。

 

障がい者採用の場合、履歴書・職務経歴書障がい者手帳のコピーの3点を応募書類として提出します。しかし、一般採用の場合は、履歴書と職務経歴書となります。それは、障がい者が応募してくるのを想定していないからです。

 

では、一般採用の場合は、障がい者手帳のコピーは提出しなくてよいのでしょうか。まず、障がい者手帳のコピーの提出は、就業規則に「必ず提出」などの記載がない限り、提出は任意となっています。つまり、障がい者手帳を持っていても出さなくても良いのです。しかし、もし応募する場合は、私は先に送っておいたほうがいいと思います。それは、お互い理解をして働いた方が良いからです。

 

「面接では障がいのことは話さず、入社をして困ったり問題が発生したりした時に相談する」という方もいますが、問題が起きれば会社や一緒に働く人に迷惑をかけてしまいます。また、「どうして事前に話してくれなかったのか」とその後の信頼関係にも影響します。応募をする時は、自分の事だけではなく周りのことも考えていただきたいです。

 

障がい者であることを伝えると不利になると考えている方がいるかもしれませんが、一概にそうとも言えないのです。

 

例えば、障がい者の採用をしたいと思っていても方法がわからず手つかずという会社もあります。そのような時に障がい者から応募があれば、「これはチャンス」とむしろ積極的に選考を行ってもらえるということもあります。

 

また、一般採用に障がい者から応募があった場合、個別対応で選考を行っていくという会社もあります。その一方で、障がい者手帳を出したときに、ガラッと会社の考え方が変わることも現実としてあります。

 

こればかりは応募してみなければわかりません。その会社がどのような考えを持っているか知るためにも最初に提出してしまった方がよいと思います。応募者にとっても時間の無駄がなく効率的に就職活動を行えます。

 

企業にとって障がい者を雇うことはメリットがあります。法定雇用率のカウントにもなりますし、それに伴い納付金制度でも有利になります。あなたを雇うことで、法定雇用率を達成できるのであれば、会社は社会的責任を果たしているということもできるのです。

 

■今までなかった障がい者のための就活本!

障がい者の就活ガイド/左右社

Amazon.co.jp

■紺野大輝オフィシャルWebサイト

http://konnotaiki.net/