障がい者のための実践的就職活動法

「障がい者として働く立場」と「障がい者を雇用する立場」の両方の経験を持つ現役会社員が就活のノウハウを公開

不採用となっても落ち込む必要はない

障がい者の就活ガイド』著者の紺野大輝です。

 

就職活動をしていると不採用となる会社はどうしても出てきます。第一志望の会社だけに応募をして内定を得たという人はほとんどいないといってもよいでしょう。どんなに企業研究をしても熱意を伝えても不採用となることは残念ながらあります。それは、自分の力だけではどうしようもできないことがあるからです。

 

例えば、どんなに優秀な人だと思っても採用人数が決まっており不採用の人を決めなければならない時があります。また、面接日程の調整がうまくいかず他の方の選考が先に進んでしまったということもあります。このように企業側の事情で不採用となることはあります。

 

私はよく「縁がなかっただけ」という言い方をしますが、不採用になったからと言って人間性を否定されたわけではないからです。これから就職活動をする方にはぜひ覚えておいていただきたいです。

 

もちろん、自分ができることはどんどんしましょう。企業研究はしっかり行う。応募書類は早めに送る。面接日は可能な限り近い日付で設定する。面接では情熱を伝える。できることはたくさんあります。

 

しかし、ベストを尽くしても不採用となることはあります。その時は縁がなかったと考え次に進みましょう。悩んだり落ち込んだりするのは時間がもったいないです。日本には現在数百万社の会社があります。続けていれば縁ある会社は見つかります。

 

私は新卒と中途で2回就職活動を行っていますが、150社不採用となりました。しかし、縁あって入社した会社で幸せな人生を送っています。2社目の会社は勤続12年を越えました。早く内定を得ることが就職活動のゴールではありません。このことは強くお伝えしたいです。

 

■今までなかった障がい者のための就活本!

障がい者の就活ガイド/左右社

Amazon.co.jp

■紺野大輝オフィシャルWebサイト

http://konnotaiki.net/